闇金の取り立てを受けた体験談

債務整理をした後、金融業者からお金の借り入れができないためにヤミ金での借り入れを検討しはじめました。一度借金をこさえてしまっても債務整理で帳消しになったために、闇金融業者で借り入れてもまたなんとか解決ができるだろうと軽んじていました。債務整理を行うと、ヤミ金からのセールスの電話やダイレクトメールが増えたように感じます。

 

自分から闇金融を探すまでもなく、私はセールスの電話が掛かった時に借り入れをしたいとお願いをしてしまったのです。闇金融なんてただ金利が高額なだけ、頑張れば返済ができる、とその時は思っていました。結婚をしており、妻にはなんとかしてヤミ金利用を内緒にしたくひた隠しにしていたのですがそれが闇金融からすると良い弱みとなっていたようです。

 

返済をしなければ妻に告げ口をする、と半ば脅されてしまい、ひいひい言いながらも友達や知り合いからお金を借り入れたり、怪しい方法でお金を作ったりとしました。ヤミ金のやり方は執拗で陰湿であり、私は精神的苦痛を味わいました。とても粘着質であり、過剰な金利を取り立てるために卑怯な手段を用いてきます。

 

こんな事ならばヤミ金から借り入れずになんとかしてお金を工面すれば良かった、と激しく後悔をしています。ヤミ金に関わってしまうと毎晩の安眠すら得られなくなり、睡眠障害にもなってしまいました。

 

こうならないためにも、闇金から借りてしまったら早くに解決に向けて動く必要があります。相談無料、家族に内緒で解決が出来る闇金解決を知っておきましょう。